CentOS6とCentOS7の比較

Linux


ブートローダー

GRUB Legacy (+efibootmgr)設定ファイル: /boot/grub/menu.lst GRUB2設定ファイル: /etc/default/grub /boot/grub.d/配下 /boot/grub/grub.cfg

iscsi

$ tgtadm $ targetcli

サービスコマンド

$ service サービス名 start $ systemctl start unit名
$ service サービス名 stop $ systemctl stop unit名 $ systemctl restart unit名 $ systemctl start unit名
$ chkconfig script名 on/off $ systemctl enable unit名 $ systemctl disable unit名
$ chkconfig --list $ systemctl list-unit-files
$ hostname ホスト名 $ hostnamectl set-hostname ホスト名 $ hostnamectl status

ネットワークコマンド

$ route $ nmtui
$ arp $ ip r
$ netstat $ ip n
$ ifconfig $ ip a
$ netstat -i $ ip -s l
$ ifup eth0 $ nmcli c up eno0
$ ifdown eth0 $ nmcli c down eno0

journalctlコマンド

journalctl -e 最新のメッセージを表示
journalctl -xe 詳細表示
journalctl -f tail -fのように監視
journalctl -u sshd ユニット名とはsystemctlで表示される「sshd.service」など。「.service」は省略できる。*(アスタリスク)でパターンマッチできる。
journalctl -u httpd
journalctl -u nginx
journalctl -u mysqld
journalctl -u cronie
journalctl -u updatedb
journalctl -u 'up*'
journalctl -n 100 tail -n 100のようにログの末尾だけ表示する。
journalctl -b 起動時からの全メッセージを表示(-b)
journalctl -b 2 # 2回前の起動時のログを表示

systemdユニットになっていないコマンドのログを検索するには
journalctl /usr/bin/crond のように実行ファイルのフルパスを指定

  • 最終更新:2017-07-18 21:29:51

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード